リモートワークを採用するにあたって

社員がサボるおそれ…防ぐために有効な手段

成果主義

OKRという手段…目標管理の手法、四半期単位で設定。月次、週次のコミットに落とす。

→今この人・チームは具体的に何をしなければいけないのか、どこまで達成する義務があるか明確化する。約束事を「成果」と呼ぶ。

毎週の振り返り会議で、前期の振り返りと次週のコミット共有の時間→「成果」が出せているか共有

オフラインが時に効率的である。メンバーに対面のMTGを打診されたら快諾する。ルールを設けた。

外出の予定や会議は全社共有されているGoogleカレンダーに登録。常に最新の状態で運用する。

リモートワークを実施する際は週の初めまでにチームで共有する。

Slackに自分のTimesというチャンネルを開設。離席時に理由を更新。→他のメンバーがオープンに把握できる。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事